2007年04月30日

松坂笑顔なし「未熟です」

そんなに日本と違うものなんですかね。
ボールの違いか、気持の違いか?

松坂笑顔なし「未熟です」
4月29日10時16分配信 日刊スポーツ


<ヤンキース4−11レッドソックス>◇27日(日本時間28日)◇ヤンキースタジアム
 【ニューヨーク(米ニューヨーク州)27日(日本時間28日)】レッドソックス松坂大輔投手(26)が、苦心の末に3勝目を手にした。ヤンキース戦に先発し、2点リードの4回裏に一挙4点を失ったが、打線の援護で再逆転に成功した。ヤ軍松井秀喜外野手(32)には2打数無安打1四球だった。また、レ軍の3番手として登板した岡島秀樹投手(31)は、1回を1安打無失点の好投で、連続試合無失点を「10」に伸ばし、レ軍の3連勝に貢献した。ヤ軍は7年ぶりの7連敗となった。
 心から喜べる3勝目にはならなかった。強打のヤンキースを相手に2連勝。敵地のブーイングにもひるまず、6イニングで松坂が許したヒットは単打の5本だった。序盤から低めに制球も決まっていた。それだけに4回の4失点に悔いが残った。会見では、しばらく考え込み、言葉を探す表情にも苦悩の色が浮かんだ。
 松坂「(4回の失点は)理由を話せば長くなるのですが、あまり話しても言い訳になる。僕の技術が未熟なだけです」。
 先頭ロドリゲスには丹念に外角低めをついた末の四球。その後がらしくなかった。ジアンビへの外角球は、直球もカーブもすべて抜け球となり、ストレートで四球を与えた。その後のポサダ、デーモン、ジーターに浴びた適時打こそ、相手の力量をたたえるべきだが、自分を苦しめる状況を招いたジアンビへの四球は反省すべき内容だった。
 22日のヤ軍戦で6失点。ジアンビに3回、外角チェンジアップを左中間へ運ばれる先制二塁打を浴びたように、抜け球を防ぐのが最大の課題だった。体が開き、リリースポイントが早まる悪癖を感じ取り、フォーム修正に取り組んだ。だが、ジアンビとの再戦でまたもや顔を出した。
 松坂「気を付けていることはありました。序盤はできていたかも知れないが、あまり反省が生かされなかった気がする」。
 一方で、02年の日本シリーズ以来の対戦となった松井を理想的な配球で抑え込んだ。1四球を除けば、ほか2打席の勝負球はカーブを低めに集めて中飛に打ち取った。
 松坂「ほかの打者と同じように1発を打たれないように心掛けました」。
 4点を失った直後の5回、吐く息が白くなるほどの寒さの中、アンダーシャツを半袖に着替えて踏ん張り、以降2イニングは3者凡退で切り抜けた。
 硬いマウンド、滑るボールへの対応は、シーズン前から微妙に投球フォームに影響を与えている。環境の変化に応じたフォーム修正の試行錯誤が続いている。
 松坂「今日のような投球は、なるべくしたくないのですが、しばらくは増える可能性があります」。
 不本意な内容を最も痛感しているのは松坂本人。まだメジャーデビューして5戦目だ。小手先の対応で、メジャーの世界を生き抜くつもりはない。だからこそ3勝目にも笑顔がなかったのだろう
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070429-00000066-nks-base
posted by まつさか at 09:48| メジャー・リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

15%超え

いやはや、平日の朝だって言うのにこんなすごい視聴率を取ったんですね。

まいったまいった。

関連記事


松坂Vsイチロー、平日朝8時でも最高視聴率15.4%を記録!
4月14日8時1分配信 サンケイスポーツ


 松坂大輔投手(26)とイチロー外野手(33)の米大リーグ初対決となった12日(日本時間13日)のレッドソックス−マリナーズ戦(NHK総合、前8・35)の平均視聴率が、関東地区で10.7%、関西地区で8.9%だったことが13日、ビデオリサーチの調べで分かった。

 木曜同時間帯の前4週平均だった5.3%と比べ、約2倍の高い数字。同時間帯の民放の視聴率も上回り、関心の高さを裏付けた。

 瞬間最高視聴率は中継開始時の13.3%(関東地区)。ちなみに大リーグ中継開始前に「NHKニュース おはよう日本」(前4・30)の終了直前に生中継した先頭打者イチロー外野手の初打席(前8・14)は、15.4%(同)を記録した。

 NHK広報局は「スーパースター同士のメジャー初対決として開幕前から関心が高かったことが、平日の朝8時過ぎからという時間帯にもかかわらず、高視聴率に表れたと思います」とコメントしている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070414-00000004-sanspo-ent
posted by まつさか at 17:15| メジャー・リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G戦地上波復活はイチローGET

まさか来年本当になることはないですよね。

なったらしゃれにならないでしょ。

関連記事


G戦地上波復活はイチローGET!?内海快挙も見られない
4月14日17時1分配信 夕刊フジ


 ブラウン管から遠ざかる巨人の奥の手はイチロー獲得しかない!?

 巨人は13日のヤクルト戦で、先発の内海哲也が巨人球団史上開幕投手を務めた左腕投手としては初の3試合連続勝利を挙げた。こんな記念すべき試合で、内海の雄姿を見られなかったG党が多かったのではないか。

 巨人戦はこの日を真ん中に、12日の広島戦(広島)、13、14日ヤクルト戦と3試合連続でテレビ地上波中継なし。異例の事態である。今季は身内の日本テレビでさえ、巨人主催72試合のうち昨年比13試合減の40試合しか中継しない。今後は珍しくなくなるのだろう。

 そんな現状に、くしくもこの日親会社の読売の“2トップ”が相次いで反応した。

 まずTBS系「時事放談」の収録に臨んだ渡辺恒雄球団会長。「大リーグ偏重の動きが報道機関を通じてある。例えば日本人選手が4打数ノーヒットだったと、それでもでかいニュースになる。本当に良い試合とバカバカしい試合がある。区別なしにただメジャーといえば…電通の宣伝か何か知らんけどね、少しオーバーですね」と苦言を呈した。

 滝鼻卓雄オーナーも続く。東京ドームで観戦後、「読売新聞だってメジャーを取り上げているわけだが…ちょっと(メジャー報道は)多すぎるんじゃないか? 特にNHKだな。もう少し日本のプロ野球をやってくれと言いたい」と指摘した。あふれるメジャー報道で好調・巨人が割を食っているというワケ。

 もっとも、一方で滝鼻オーナーからは本音も漏れていた。「イチローと松坂の初対決はすごかったね。10%くらいいったんでしょ?」と。NHK総合が12日午前8時35分から中継したレッドソックスVsマリナーズ戦は早朝では異例の高視聴率10.7%(ビデオリサーチ、関東地区)。「イチローはどうなの? 来年は? よく聞いといて」と、報道陣に逆取材するなど、今オフのFA移籍の可能性を示唆する発言を繰り返すイチローに興味津々だ。

 その滝鼻オーナーに、「イチロー獲得に乗り出しますか」と突っ込むと、さすがに「東京は彼には(気温が)暖か過ぎるかもな。イチローさんは寒い所がいいんじゃない?」とはぐらかした(欲しいと言ったらタンパリング!?)。

 読売新聞社が主催したWBCアジアラウンドのパーティーで、渡辺会長とイチローが親交を深めた経緯もあり、将来的にはあながち夢物語とも言い切れない。

 今季は小笠原、谷ら補強が珍しく成功している巨人だが、松坂のメジャー初年度に当たったのは不運。イチローを獲れれば人気回復に手っ取り早いのは確かだが…。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070414-00000003-ykf-spo
posted by まつさか at 17:13| セ・リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

松坂 投手の聖地

松坂自身が「投手の聖地」と言ったフェンウェイ・パークのマウンドに立った印象はどうだったのだろう。

負けはしたが、年来の夢であったメジャーリーグの公式戦だ。
しかも自分の本拠地が「聖地」と認識しているところとあっては、これからも本拠地での投球には気合が入ることだろう。

まずは2勝目を挙げてほしい。


関連記事


歴史重ねるフェンウェイ・パーク=「聖地」に松坂もあこがれ−米大リーグ
4月14日10時1分配信 時事通信


 【ボストン13日時事】11日に松坂大輔投手が本拠地初登板を飾った、米大リーグ、レッドソックスのフェンウェイ・パーク。過去から多くの名選手がプレーし、ファンから愛されている球場だ。
 入って最初に目に入るのは、左翼にそびえ立つ高さ11.3メートルの緑のフェンス、通称「グリーンモンスター」。限られた敷地内で、場外の道路に球が出にくいようにするために建てられたが、今や球場の代名詞ともいえる名物になった。
 ベーブ・ルース、テッド・ウィリアムズら伝説的な名選手がここでプレーしてきた。500勝投手のサイ・ヤング、近年ではロジャー・クレメンス、ペドロ・マルチネスら多くの投手も活躍。松坂も、「投手にとって聖地」とあこがれを語っていた。
 1912年から100年近く、大リーグの中でも熱狂的なファンに愛され続けてきた。松坂もこのフェンウェイ・パークに、新たな歴史を刻んでいくことになる。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070414-00000040-jij-spo
posted by まつさか at 13:15| メジャー・リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松坂の試合日程

1試合中止になった影響で、松坂の試合日程も少々変更になる可能性が出てきたようだ。

上手く予想通りになれば、思ったよりも早く松井との対決が見られるらしい。

監督もその辺考慮してください。

日本のファンのためにもね!


関連記事

松坂vs松井“怪物初対決”へ…イチローとは5・4
4月13日17時1分配信 夕刊フジ


12日に予定されていたレッドソックス対マリナーズ第3戦は悪天候のため中止となり、同カードは、5月3日(日本時間5月4日)に組み込まれることになった。この影響で松坂大輔投手の先発スケジュールも変更となり、ゴールデンウイークまでに、ヤンキース戦2試合(現地時間22、27日)に登板して松井秀喜外野手との直接対決やイチロー外野手との再戦が実現する可能性が高くなった。怪物を使った営業、ファンサービスを考慮した大リーグ機構、両球団が、恵みの雨を利用してひねり出したウルトラCのようだ。

 12日は午前中からみぞれ混じりの冷たい雨が降り続き、午後になってから試合中止が発表された。マリナーズのボストン遠征は今季予定がないため、移動日の3日に新しいスケジュールが組み込まれることになった。

 松坂は当初予定では16日のエンゼルス戦に登板する予定だったが、フランコーナ監督は「週末も天気が悪いみたいだ。できるだけみんなに休みを与えたいし、松坂にも、もう1日休みを与えたい」と説明して、中4日ローテーションを崩して17日午後7時7分(日本時間18日午前8時7分)開始予定のブルージェイズ戦に登板させることを発表した。同試合では、ブルージェイズの大家友和投手と投げ合う可能性もある。

 たった1日ずらしただけだが、実はこの先発スケジュール変更は、松坂、野球ファン、大リーグ機構の収益面に大きな影響をもたらすことに。もともと松坂の次回登板16日は午前10時試合開始の変則試合で、松坂は早起きとボストンの厳しい寒さの中での登板を余儀なくされていた。ところが17日になると、トロントの快適なドーム球場のナイターで投げることができる。

 17日から中4日の通常スケジュールに戻ることになるが、その予定のままいくと、もともと4月には1試合の予定だった超人気カード、ヤンキース戦2試合に登板することが可能に。しかも、松井秀喜外野手が故障者リスト入りしたために、今月は絶望的とみられていた怪物対ゴジラの直接対決が、27日に実現することになる。

 さらに、5月3日のマリナーズ戦でも登板する可能性が高く、前日11日に4打席無安打に抑えたイチローとの対戦が再び実現する。


 前日の松坂とイチローの対決は全米でも大きな話題となり、全米TVネットのESPN、地元NESN、シアトルのFSNにくわえてNHKの4局が中継。球団、大リーグ機構の収益面にも大きく寄与した。

 一夜明けた同日朝まで、米テレビのスポーツニュースが松坂対イチローの対決を放送し続けたほか、米新聞各紙も軒並み松坂の地元デビューを含めて大報道している。

 地元ボストン・グローブ紙は「松坂はデビュー戦で援護点をもらえなかった。ジャイロボールはなかったが、大フィーバーだった」などと擁護的な扱い。ボストンヘラルド紙は、「別の選手が主役をさらった」と、城島健司捕手の活躍や、1安打完封劇を演じたF・ヘルナンデス投手という伏兵の登場により、怪物対天才の対決が意外な結末に終わった様子を紹介した。

 中止決定前に球場を引きあげた松坂は、「(イチローとの会食は)シーズン中は行かないと思う。仲が良いといっても、投手と野手だし。ピッチャー同士なら行くけど。イチローさんからも言ってこないと思う。シーズン中は」と、怪物流のグラウンド外の心得を語っていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070413-00000012-ykf-spo
posted by まつさか at 13:11| メジャー・リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

松坂今日は勝てず

期待のイチロー対松坂は、4打席無安打で松坂に軍配が上がった。

しかし、肝心の試合には負けてしまった。
しかも松坂投球中に3失点。

イチローとの対戦に注意を向けすぎてしまったのだろうか。
そして本拠地での勝利は次回におあずけとなった。
地元ファンの前での勝利を早く勝ち取ってほしいものである。

PR:山本梓カード

関連記事

松坂、イチローに完勝も本拠地黒星デビュー
4月12日10時51分配信 スポーツナビ


 レッドソックスの松坂大輔投手は11日(日本時間12日)、本拠地フェンウェイ・パークでのマリナーズ戦に先発したが、7回を投げ、8安打3失点で初の負け投手となった。しかし、注目されたイチロー外野手とのメジャー初対決では4打数無安打に封じた。

 メジャー2回目の先発にして本拠地初登場となった松坂は、「1番・センター」で登場したイチローをストレートでピッチャーゴロに打ち取るなど無難な立ち上がり。しかし、2回に城島の二塁打などでチャンスをつくられると、ベタンコートの犠牲フライで先制を許した。松坂は5回にも、イチローを打ち取った後に連打を許し、2点を献上。結局、前回と同じ7回を投げ、被安打8、3失点、4奪三振の内容だった。これで今季は1勝1敗。イチローとの対戦は、第2打席以降も、センターフライ、空振り三振、セカンドゴロと完璧に封じた。

 「7番・キャッチャー」の城島健司は、松坂から2本の二塁打を放つなど、3打数2安打1四球だった。

 試合は、松坂と投げ合ったマリナーズ先発のヘルナンデスが好投。レッドソックスの打線を、7回まで無安打に封じた。8回先頭のドリューに初ヒットを許したが、被安打はこれだけ。3−0の見事な完封勝利で、前日大敗の雪辱を果たした。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070412-00000004-spnavi-base
posted by まつさか at 13:16| 試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あと数分で試合開始!

待っていた時がついにやってきましたね。
イチロー松坂の対決!

どうなるんだろう。
早く始らないかな。

それにしてもテレビ放送はNHK。

こりゃ、大臣に文句言われても仕方ないか・・・

関連記事

松坂vs.ヘルナンデスの奪三振対決にも注目
4月11日18時54分配信 スポーツナビ


 米大リーグで11日(現地時間)に行われるレッドソックスvs.マリナーズ戦では、松坂大輔投手とイチロー外野手の夢の対決が実現する。2人の日本人メジャーリーガーに注目が集まる中、一方で松坂の対戦投手に対しても多くのファンの視線が集まりそうだ。

 マリナーズの先発予定は21歳の怪物「キング・フェリックス」ことフェリックス・ヘルナンデス。リーグ屈指の逸材と称されるヘルナンデスは、メジャー3年目を迎えた今季、さらなる成長を期待されている。マリナーズ公式ホームページは現在、「今季ヘルナンデスが奪う三振数」を予想するファン投票を実施している。日本時間11日18時現在、約8000人の投票の中、「201〜250奪三振」が最多の43パーセントを占め、ヘルナンデスへの期待の大きさを示している。

 ヘルナンデスは今季開幕戦に登板し、8回を投げて無失点、12奪三振と快調な滑り出し。一方、松坂は5日(現地時間)のロイヤルズ戦で7回を投げ、1失点10奪三振と衝撃デビューを果たし、メジャー初勝利を手にした。松坂とヘルナンデスの両投手は、ともに150キロを超える速球と鋭く落ちるチェンジアップを得意とした本格右腕。イチローとの対戦に加え、ヘルナンデスとの「奪三振対決」も注目したい

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070411-00000023-spnavi-base
posted by まつさか at 07:54| メジャー・リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

今度は5億

西武だけじゃないとは思っていたけど、横浜も意外と金持ちだ。

関連記事

プロ野球横浜、那須野投手に5億超の契約金=「差し止める気はなかった」球団社長
4月11日19時31分配信 時事通信


 プロ野球・横浜の佐々木邦昭球団社長は11日、2005年にドラフト自由枠で入団した那須野巧投手(24)に、1994年に12球団で申し合わせた「最高標準額1億円プラス出来高5000万円」を大幅に超える契約金5億3000万円を支払った事実を明らかにした。また、1年目の年俸が同1500万円の倍となる3000万円だったことも明らかにした。12日発売の一部週刊誌の報道を受けて認めた。西武の裏金問題で球界が揺れる中、また新たな不正が発覚した。
 昨年3月に日産自動車から就任した佐々木社長は「入社してすぐに事実を知った。04年の契約に基づいて行われたもので、(支払いを)差し止める気はなかったが、現在は遺憾に思っている」と話し、最初に1億3000万円を払い、その後今年1月まで、4回に分けて1億円ずつを支払ったという。
 同社長は05年6月に採択された倫理行動宣言以降は「上限を超えて、(契約金を)支払った事実はない」とした。那須野選手に対しては「選手に全く責任はなく、ペナルティーも考えていない。球団として今後もフォローしていきたい」と語り、自身の進退は「考えていない」と話した。今後は、西武球団が裏金問題で開いている調査委員会の最終報告を参考にして、球界全体で話し合いをする意向を示した。
 また、那須野投手の出身大学である日大監督が横浜に高額の謝礼金を要求し、3000万円が同監督に渡ったとの報道があったことについて、同社長は「契約金が(その後)どういうふうに動いたかは球団は把握していない」と話すにとどまった。 

yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070411-00000135-jij-spo
posted by まつさか at 23:20| その他の野球情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

試合前の松坂

試合前はファンからの歓迎で大騒ぎだたようだ。
でも、試合は大荒れ。
あわや乱闘・・・

関連記事

松坂 気分は最高潮!

 米大リーグ、レッドソックスは10日(日本時間11日)、マリナーズを迎えてボストンで本拠地開幕戦を迎えたが、11日に先発予定の松坂大輔投手(26)は試合前の選手紹介でファンから歓迎された。

 わずか30秒のあいさつに、トキメキが見え隠れした。尊敬するイチローを見つけると、松坂は右翼での球拾いを一時中断。同僚の岡島とともに、三塁側ベンチ前へ小走りで駆けつけた。帽子を取り、一礼、そしてガッチリと握手。「よろしくお願いします」-。

 かつて日本を代表した投手と打者が、7年ぶりに対戦相手として“再会”した瞬間、カメラマンが一斉にシャッターを切った。強心臓で鳴らす怪物がみせた野球小僧のような無邪気な笑顔。それは、11日の再対決を前に、松坂の胸の高まりを示していた。

 聖地フェンウェイ・パークの開幕セレモニー。ナインの紹介ではひときわ大きな声援を浴びた。5日のデビュー戦で名刺代わりの初勝利を挙げた新人右腕に、308試合連続完売記録を更新した場内のファンはスタンディング・オベーション。一瞬、照れたように笑った松坂は、軽く帽子を取って会釈した。

 「明日?大丈夫です。メイビー(たぶん)」。11日の予想最高気温は8度。だが、既に全席完売した聖地は、世界の注目を浴びて熱く燃えるはずだ。

デイリースポーツ
http://www.daily.co.jp/mlb/2007/04/11/0000298420.shtml
posted by まつさか at 23:17| メジャー・リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松坂イチロー対決はもうすぐ

明日の午前8時5分から松坂対イチローの試合が始まります!

会社休んで見る人もいるのかな?

関連記事

松坂“乱闘”本拠地デビュー…イチロー対決に自信
4月11日17時1分配信 夕刊フジ


レッドソックスの松坂大輔投手が10日、本拠地開幕戦となるマリナーズ戦の試合前セレモニーに参加し、満員に埋まった観客からスタンディングオベーションで迎えられた。試合はいきなり乱闘騒ぎも勃発(ぼっぱつ)し、味方選手とともにベンチを飛び出すハプニング。11日に本拠地初先発を迎えるが、「あしたは大丈夫です。メイビー(たぶん)」とイチロー外野手との対戦に自信をみせた。

 松坂があこがれ続けた大リーグ最古球場のフェンウエイパークでの初試合は、気温6度。この日の松坂の出番は、14−1の大量リードで試合が決まった8回に訪れた。投手ドネリーと、マリナーズの6番ギーエンが三振直後に、口論となった。この2人は以前、エンゼルスでともにプレーしていたが、犬猿の仲で顔を合わせるたびに小競り合いを繰り返している。今回も、両軍ベンチから選手が飛び出す一触即発の事態になった。

 松坂は、自軍選手とともにニット帽をかぶったままマウンド上へ。口論の輪の中で両軍選手を分けようとする城島、われ関せずベンチから飛び出す様子もないイチロー。

 最後にベンチを出た松坂は、先輩日本人選手を横目に観察しながら、グラウンド内の騒動に身を任せたが、幸い、乱闘にまで発展せず一件落着。松坂も苦笑しながらベンチへ戻った。

 松坂は試合前、両軍選手が整列した試合前セレモニーにも参加、ときおり雪も舞う厳しい天候だったが、熱狂的なファンが午前中から集まり球場の興奮は最高潮に。松坂がグラウンドに飛び出すと観客は総立ちとなり、大きな拍手をおくった。割れんばかりの大声援に怪物もやや戸惑った表情。ちょっと照れたように、声援に応えて帽子をとって笑顔をみせると再び、スタンドから大きな声援が巻き起こった。

 一方、歴史ある球場内のクラブハウスでは、松坂が6年間使う背番号18のロッカーが用意されていた。左隣は岡島秀樹投手。右隣はこの日先発のベケットだが、その間にはスペースがあり、事実上松坂はロッカー2つを独占する特権も用意されている。

 「自分のロッカーを見て、レッドソックスの一員になったんだなぁ、という実感がいっそうわきました。(前日の初マウンド練習では)ちゃんと投げられているか、わかりませんでした」と松坂は興奮を隠せなかった。

 試合前には、イチローにあいさつへ行き、何事か耳打ちされて大爆笑している。

 「よろしくお願いしますと言っただけです。内容はイチローさんが同じ質問をされても、答えないと思います。僕も答えないですし、そういう内容です」と話し、試合後は市内で開催された球団主催のチャリティーのディナーパーティーへ岡島とともに出席。サイン入りユニホームのオークションが行われ、5300ドル(約63万円)の値が付いた。エース・シリングの800ドル(約10万円)、守護神パペルボンの750ドル(約9万円)に比べるとまさに怪物級の価格だ。

 注目の日本人対決に、フランコーナ監督は「松坂とイチローの対戦は素晴らしいマッチアップだ。松坂はキャンプでしっかり自分を作り上げてきたから、対決を見るのが楽しみだ。ひとつ希望しているのは、最初の打者だからアウトにしてほしいということだね」とコメント。

 この日好投したレッドソックス先発のベケット投手も、「松坂、岡島ともに試合前の準備が素晴らしい。何時間も前から練習をしているのには驚いたよ」とエールを送った。

yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070411-00000006-ykf-spo
posted by まつさか at 23:13| メジャー・リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。