2007年04月11日

今度は5億

西武だけじゃないとは思っていたけど、横浜も意外と金持ちだ。

関連記事

プロ野球横浜、那須野投手に5億超の契約金=「差し止める気はなかった」球団社長
4月11日19時31分配信 時事通信


 プロ野球・横浜の佐々木邦昭球団社長は11日、2005年にドラフト自由枠で入団した那須野巧投手(24)に、1994年に12球団で申し合わせた「最高標準額1億円プラス出来高5000万円」を大幅に超える契約金5億3000万円を支払った事実を明らかにした。また、1年目の年俸が同1500万円の倍となる3000万円だったことも明らかにした。12日発売の一部週刊誌の報道を受けて認めた。西武の裏金問題で球界が揺れる中、また新たな不正が発覚した。
 昨年3月に日産自動車から就任した佐々木社長は「入社してすぐに事実を知った。04年の契約に基づいて行われたもので、(支払いを)差し止める気はなかったが、現在は遺憾に思っている」と話し、最初に1億3000万円を払い、その後今年1月まで、4回に分けて1億円ずつを支払ったという。
 同社長は05年6月に採択された倫理行動宣言以降は「上限を超えて、(契約金を)支払った事実はない」とした。那須野選手に対しては「選手に全く責任はなく、ペナルティーも考えていない。球団として今後もフォローしていきたい」と語り、自身の進退は「考えていない」と話した。今後は、西武球団が裏金問題で開いている調査委員会の最終報告を参考にして、球界全体で話し合いをする意向を示した。
 また、那須野投手の出身大学である日大監督が横浜に高額の謝礼金を要求し、3000万円が同監督に渡ったとの報道があったことについて、同社長は「契約金が(その後)どういうふうに動いたかは球団は把握していない」と話すにとどまった。 

yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070411-00000135-jij-spo


posted by まつさか at 23:20| その他の野球情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

試合前の松坂

試合前はファンからの歓迎で大騒ぎだたようだ。
でも、試合は大荒れ。
あわや乱闘・・・

関連記事

松坂 気分は最高潮!

 米大リーグ、レッドソックスは10日(日本時間11日)、マリナーズを迎えてボストンで本拠地開幕戦を迎えたが、11日に先発予定の松坂大輔投手(26)は試合前の選手紹介でファンから歓迎された。

 わずか30秒のあいさつに、トキメキが見え隠れした。尊敬するイチローを見つけると、松坂は右翼での球拾いを一時中断。同僚の岡島とともに、三塁側ベンチ前へ小走りで駆けつけた。帽子を取り、一礼、そしてガッチリと握手。「よろしくお願いします」-。

 かつて日本を代表した投手と打者が、7年ぶりに対戦相手として“再会”した瞬間、カメラマンが一斉にシャッターを切った。強心臓で鳴らす怪物がみせた野球小僧のような無邪気な笑顔。それは、11日の再対決を前に、松坂の胸の高まりを示していた。

 聖地フェンウェイ・パークの開幕セレモニー。ナインの紹介ではひときわ大きな声援を浴びた。5日のデビュー戦で名刺代わりの初勝利を挙げた新人右腕に、308試合連続完売記録を更新した場内のファンはスタンディング・オベーション。一瞬、照れたように笑った松坂は、軽く帽子を取って会釈した。

 「明日?大丈夫です。メイビー(たぶん)」。11日の予想最高気温は8度。だが、既に全席完売した聖地は、世界の注目を浴びて熱く燃えるはずだ。

デイリースポーツ
http://www.daily.co.jp/mlb/2007/04/11/0000298420.shtml
posted by まつさか at 23:17| メジャー・リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松坂イチロー対決はもうすぐ

明日の午前8時5分から松坂対イチローの試合が始まります!

会社休んで見る人もいるのかな?

関連記事

松坂“乱闘”本拠地デビュー…イチロー対決に自信
4月11日17時1分配信 夕刊フジ


レッドソックスの松坂大輔投手が10日、本拠地開幕戦となるマリナーズ戦の試合前セレモニーに参加し、満員に埋まった観客からスタンディングオベーションで迎えられた。試合はいきなり乱闘騒ぎも勃発(ぼっぱつ)し、味方選手とともにベンチを飛び出すハプニング。11日に本拠地初先発を迎えるが、「あしたは大丈夫です。メイビー(たぶん)」とイチロー外野手との対戦に自信をみせた。

 松坂があこがれ続けた大リーグ最古球場のフェンウエイパークでの初試合は、気温6度。この日の松坂の出番は、14−1の大量リードで試合が決まった8回に訪れた。投手ドネリーと、マリナーズの6番ギーエンが三振直後に、口論となった。この2人は以前、エンゼルスでともにプレーしていたが、犬猿の仲で顔を合わせるたびに小競り合いを繰り返している。今回も、両軍ベンチから選手が飛び出す一触即発の事態になった。

 松坂は、自軍選手とともにニット帽をかぶったままマウンド上へ。口論の輪の中で両軍選手を分けようとする城島、われ関せずベンチから飛び出す様子もないイチロー。

 最後にベンチを出た松坂は、先輩日本人選手を横目に観察しながら、グラウンド内の騒動に身を任せたが、幸い、乱闘にまで発展せず一件落着。松坂も苦笑しながらベンチへ戻った。

 松坂は試合前、両軍選手が整列した試合前セレモニーにも参加、ときおり雪も舞う厳しい天候だったが、熱狂的なファンが午前中から集まり球場の興奮は最高潮に。松坂がグラウンドに飛び出すと観客は総立ちとなり、大きな拍手をおくった。割れんばかりの大声援に怪物もやや戸惑った表情。ちょっと照れたように、声援に応えて帽子をとって笑顔をみせると再び、スタンドから大きな声援が巻き起こった。

 一方、歴史ある球場内のクラブハウスでは、松坂が6年間使う背番号18のロッカーが用意されていた。左隣は岡島秀樹投手。右隣はこの日先発のベケットだが、その間にはスペースがあり、事実上松坂はロッカー2つを独占する特権も用意されている。

 「自分のロッカーを見て、レッドソックスの一員になったんだなぁ、という実感がいっそうわきました。(前日の初マウンド練習では)ちゃんと投げられているか、わかりませんでした」と松坂は興奮を隠せなかった。

 試合前には、イチローにあいさつへ行き、何事か耳打ちされて大爆笑している。

 「よろしくお願いしますと言っただけです。内容はイチローさんが同じ質問をされても、答えないと思います。僕も答えないですし、そういう内容です」と話し、試合後は市内で開催された球団主催のチャリティーのディナーパーティーへ岡島とともに出席。サイン入りユニホームのオークションが行われ、5300ドル(約63万円)の値が付いた。エース・シリングの800ドル(約10万円)、守護神パペルボンの750ドル(約9万円)に比べるとまさに怪物級の価格だ。

 注目の日本人対決に、フランコーナ監督は「松坂とイチローの対戦は素晴らしいマッチアップだ。松坂はキャンプでしっかり自分を作り上げてきたから、対決を見るのが楽しみだ。ひとつ希望しているのは、最初の打者だからアウトにしてほしいということだね」とコメント。

 この日好投したレッドソックス先発のベケット投手も、「松坂、岡島ともに試合前の準備が素晴らしい。何時間も前から練習をしているのには驚いたよ」とエールを送った。

yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070411-00000006-ykf-spo
posted by まつさか at 23:13| メジャー・リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イチローへの初球

配球まで前もって明かすこともないだろうに。
松坂は明日の対イチロー初球を「ボール」にすると言っているようだ。

そういえばメジャー1球目は「ストレート」を宣言して、見事に打たれなかった。

これも心理作戦なのだろうか。
今夜が待たれる。


関連記事

松坂イチローに予告「初球はボール」
4月11日9時59分配信 日刊スポーツ



試合前にあいさつを交わすイチロー(左)と松坂(撮影・加藤仁)

 【ボストン(米マサチューセッツ州)9日(日本時間10日)=山内崇章】レッドソックス松坂大輔投手(26)が、フェンウェイパークのマウンドに初めて真新しいホームのユニホーム姿で上がり、本拠地初登板へ向け47球の最終調整を行った。11日(日本時間12日午前8時5分開始)のメジャー2度目の登板はマリナーズ・イチロー外野手(33)との対決になる。松坂は「イチローさんは初球から振ってくる気がする」として、あえて「ボール球」からの配球を考えていることを明かした。
 フェンウェイパークに車で乗り込んだ松坂は、すがすがしい笑みを浮かべていた。メジャー最古のスタジアム、あこがれのマウンド。11日のマリナーズ戦、対イチロー、これから始まる本拠地での戦いを頭に描くように、ゆっくりとクラブハウスへ足を向けた。
 約1時間半の練習は、報道陣を完全にシャットアウトした中で行われた。関係者によると、マウンドには真新しいホーム用のユニホームで上った。初球からカーブを投げ、フォームの安定性を確かめた。計47球、直球と持ち球の変化球すべてを投げ込んだという。前回5日の初登板への調整と変わらない、自分のリズムでマウンドの感覚と肩ひじの状態を入念に確かめたという。
 松坂が、以前から最も楽しみにしていたイチローとの対戦については、00年以来、6年の空白を埋めるイメージが膨らんでいた。
 松坂「初球は(捕手の)バリテックが何を要求するかにもよります。イチローさんは初球から振ってくる気がする。ストレートで入ったら簡単に打ち返されるイメージがあります。ボールから入るのが無難ですかね。でも多少のボールでも振ってくるような気がするんです」。
 記念すべきメジャーデビューの初球については、2月のキャンプ中から「直球」を予告していた。それでも、「平成の名勝負」といわれ、今回7年ぶりの再戦となるあこがれのイチローとの対決には、勝負を考えている。あえて自分が最も得意とする直球での入りを決め付けることはしなかった。
 松坂「初球をファウルにしてくれたら第1段階はクリア。入りはとても重要です。変化球のボール球で入ってその後の組み立てを考えるやり方もあります」。
 99年の5月16日、初対戦で3連続三振を奪った際にも、最初の2打席の初球はボール球、3打席目も内よりのボール球をファウルにさせた。ただ「あのときの僕と今の僕は違います」とも松坂は語る。
 松坂は、イチローとの対戦で成長してきた過程もある。イチローとの対決は、今の自分の仕上がり、大リーグでの「位置」を客観的に知る上での絶好の機会でもある。松坂はそれを楽しみにし、そして勝つための配球を真剣に考えていた。
posted by まつさか at 11:13| その他の野球情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

城島は自信あり

松坂との対戦成績ではイチローを上回る城島もマリナーズ捕手。
関連記事の中のコメントでも余裕を感じさせている。

その余裕の結果は明日わかる。

関連記事

城島“松坂撃ち”に自信
 松坂は目の前の敵ではなかった。インディアンスとのダブルヘッダーが4日連続の試合中止が決まり、軽めの練習を終えたマリナーズの城島健司捕手が9日(日本時間10日)、11日に対戦するレッドソックス松坂について「まずは(初戦先発の)ベケット。ベケットを通り越して大輔にはいけない」と言い放った。

 松坂がイチローとの対決を熱望し、全米が2人に注目していることは知っている。「僕を指名してるなら別ですが、大輔はイチさん(イチロー)を指名しているから、僕が意識する必要もないでしょう」。しかし、2005年までソフトバンクに在籍し、怪物を最もよく知る。松坂との対戦成績もイチローを上回る・280を残しており、“攻略法あり”の余裕を感じさせる。

 松坂と投げ合う相手は、“キング”の異名をもつ21歳のエース、F・ヘルナンデスとなった。今季初登板の2日の開幕戦は、最速158キロの剛球と鋭い変化球で8回を12奪三振、無失点で初勝利。「相手が誰なんて関係ない」と言いながらも、「これだけ多くの注目を集めている投手と投げ合うのは楽しみだね」と不敵な笑みを浮かべた。

 イチローだけじゃない。城島とヘルナンデスのマ軍バッテリーがレ軍打線を封じて、松坂の連勝を止める。

posted by まつさか at 09:36| メジャー・リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松坂は元気!

松坂は相変わらず元気だ。
休日返上でフェンウェイパークのマウンドで47球を投じた。
11日(日本時間12日)の本拠地での初登板、イチローとの対決にを心待ちにしているのではないか。

関連記事

松坂休日返上、ユニホームで本拠地初マウンド
本拠地デビューへ万全…変化球交え本番さながら


前夜、自己負担のチャーター機で本拠地ボストンに舞い降りたレッドソックスの松坂大輔投手は9日、休日を返上して本拠地フェンウエイパークに向かい、マウンドから個人練習の投球を行った。初マウンドの感触を確かめるように47球を投じた平成の怪物が、2日後の地元デビューで、1912年に開場した大リーグ最古の球場史に名前を刻もうとしている。

 すでにボストン近郊の高級住宅地に新居を構え、家族が待ち構えていた松坂は前夜、初めての米自宅でリラックスした。この日昼過ぎ、高級車で自宅からフェンウエイパークに初通勤すると、本拠地球場のマウンドで初めて本格的な投球練習を行った。

 松坂がフェンウエイパークを訪れるのは昨年12月の入団発表以来。この際にはスーツ姿のままだったが、ユニホームを着てマウンドから投球練習をしたのはこの日が初めてとなった。

 変化球を交えながら、本番さながらの投球練習を行った松坂。すでにカンザスシティーでの開幕戦で初勝利を挙げた松坂は、ボストンでもニックネームの「ダイスK」としておなじみ。いよいよ11日のマリナーズ戦でイチロー外野手を最初の打者として、大リーグ一熱狂的といわれるボストンの地元ファンの前に姿をみせる。

 松坂はこの日、約3時間半の練習を終えると地元の若い学生ファンらの大きな声援に笑顔でこたえ、自らハンドルを握って球場を後にした。これから円熟期を迎える松坂が、6年間にわたって野球人生を送るフェンウエイパークのマウンドと初めて対話した日となった。

 今オフ、大型の改築作業を行っているフェンウエイパークは、翌10日に控えた地元開幕戦に備えて最終作業の真っ最中。大リーグでも過去に例がない約350人の報道陣が訪れる予定で、球団は報道席を大幅に拡充。スタンドには新築の客席が姿をみせ、センターのスコアボードの横には、「フェンウエイパークへようこそ」という日本語の大看板も設置された。

 内野フェンスには回転式広告板も取り付けられ、新規広告スポンサーとなった日本企業各社の広告が次々と掲示される仕組みになっており、松坂がボストンと球団にもたらした大きな経済効果が手に取るように表れている。

 ブレーク球団広報部長は、「手狭な球場だけに、改築案は常にあったが、もし、松坂とサインしなかったら、今オフも改築に取り組むことはなかっただろう。やはり松坂の入団はフェンウエイパークにとって1つのきっかけとなったと思う」と新しく生まれ変わった球場で感想を語った。

 日本人報道陣も約200人が11日の試合には訪れる予定。この日夜には、エプスタインGMが出席し、ボストンに隣接するブルックライン市で日本人メディア歓迎セレモニーも。

 エプスタインGMは「この市では僕の双子の弟のポールが主催するプロジェクトが進んでいる。冬になると厳しい寒さで社会活動が凍結するため、放課後の少年少女の行き場を確保する基金活動となっている。日本企業の方にも是非注目してほしい」と呼びかけた。

 マサチューセッツ州の海外向け観光事業会社の試算では、松坂の経済効果は7500万ドル(約86億円)程度といわれているが、近郊都市などを含めるとその経済価値はさらに広がりを持つことになりそうだ。




ZAKZAK 2007/04/10

posted by まつさか at 09:34| メジャー・リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松井マイナーで調整の可能性

故障者リストに載って試合から遠ざかっている松井だが、マイナーで調整する可能性が出てきている。

トーリ監督はその必要はないとコメントしているようだが、松井本人はどちらでもよいと。

マイナー監督も松井で観客を呼びたいのではないか。

関連記事

松井秀、マイナー戦出場の可能性…復帰直前に実戦調整
サンケイスポーツ - 2007/4/11 8:02
 【ミネアポリス(米ミネソタ州)9日(日本時間10日)】左太もも裏の軽い肉離れで故障者リスト(DL)入りしているヤンキースの松井秀喜外野手(32)が、調整のためのマイナーリーグ戦出場を打診されたことがわかった。今後、球団内部での意見調整が済んで実現すれば、昨年に続き2度目となる。

 ツインズ戦の勝利を、松井秀はメトロドームのロッカー室のテレビで見届けた。

 黒のタートルネックに革ジャン姿で、駐車場につながる廊下を大またで歩く。左太もも裏の故障の影響を感じさせないゴジラだが、昨年に続き2度目となるマイナーリーグ戦出場の可能性が急浮上した。

 「きょうはほとんど、治療のみ。若干よくなっていますね。そういうこと(マイナーリーグ戦出場)があるから心づもりをしておくように、とトレーナーから言われました」。マイナー戦への調整出場を打診されたことを試合後に明かした。

 7日(日本時間8日)のオリオールズ戦(ニューヨーク)で走塁中に左太ももを痛めた。翌8日に15日間の故障者リスト入りも、この遠征には帯同。けがから72時間は運動を禁止されているが、トレーナーの指示でエアロバイクにまたがり軽く足を動かした。今後も日々、患部の状態を見ながらの練習となる。

 現時点でマイナー戦出場の時期、チームは未定だが、左手首を骨折した昨年は9月に2Aトレントンで4試合出場した経験を持つ。

 ジョー・トーリ監督(66)は「その(マイナー戦出場)必要はない」と話しており、まだヤ軍内での意見調整は終わっていない。「どちらでも構いません」と松井秀は指示を待つ姿勢だ。

 回復具合や練習の状況などから、実戦が必要となった場合には昨年同様、復帰直前にマイナーリーグのユニホームに数試合、袖を通すことになりそうだ。

posted by まつさか at 09:30| メジャー・リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

巨人またしてもだめか?

巨人がまた昨年のような迷走を始めてしまったようだ。
打てるのに勝てない。
これはかなり重症ではないだろうか。


関連記事

巨人“一発病”リーグワースト11被弾…先発右腕に不安
サンケイスポーツ - 2007/4/11 8:01

 (セ・リーグ、広島5−4巨人、1回戦、広島1勝、10日、広島)5安打5点の広島と、11安打で4点の巨人。接戦を制したのは、両翼91.4メートルの狭いスタジアムを知り尽くした広島の“地の利”なのか。

 三回、制球が定まらない姜に2安打と四球で畳みかけると、新井の3ランで4−0。さらに四回にも右翼席に飛び込む栗原の一発。終盤追いすがる巨人を継投策で振り切った。

 「後半はよく追い上げたんだけど…。本塁打の怖さ? 相手打線で何人か、マークしなければいけないバッターをどう抑えるかということが先発投手には必要」と原監督は肩を落とした。

 前日まで防御率2.59と中日と並びリーグトップだった投手陣。しかし、被本塁打11本は不名誉なトップ。ここまで5敗はすべての試合で本塁打を浴び(計7本)、「一発に泣く」試合展開となっている。

 さらに内海、高橋尚と役者がそろう先発左腕の4勝1敗に対して、先発右腕では1勝4敗。故障離脱中の上原、パウエルという右腕2本柱の“穴”は、やはり大きかった。

 節目の今季10戦目で1点差負け。勝率5割に逆戻り。「1点」と「一発」の重みにまた泣いた。
posted by まつさか at 09:25| セ・リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

桑田復帰早まるか?

負傷でマイナー落ちしている桑田だが、いいニュースが入ってきた。
松葉杖なしで歩き始めたのだ。
予定よりも1週間早い回復状況。
本人も、早くトレーニングを再開して、復帰したいのだろう。

いずれにせよ、早くメジャーで登板してほしいものだ。

関連記事

桑田、松葉杖外した
スポーツ報知 - 2007/4/11 8:01

 パイレーツの桑田真澄投手(39)が9日、松葉づえなしでの歩行を開始した。ブルージェイズとのオープン戦の試合中にねん挫をしてからちょうど3週間。けがから2週間半が経過した時点で、右一本だけを使って歩き始め、この日、その一本もやめた。

 球団が予想していた「けが後4週間」より1週間早く必要がなくなった。着脱式のブーツ形ギプスは外せないものの、桑田は自力で歩けるようになった。「腫れもだいぶ引いてきた。次はブーツを取ること。それから完全に歩けるようにする。そして、走る。普通の練習再開までは、まだあと3段階ある」ベテランのリハビリ生活は続く。
posted by まつさか at 09:23| メジャー・リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜村田通産100号本塁打

横浜の村田修一内野手が100号本塁打をはなった。
4月10日ホーム球場での本塁打。

横浜ファンも地元での達成に大いに喜んだことだろう。
チームも勝利した。

関連記事

横浜・村田が通算100号逆転3ラン!後輩吉村とアベック
サンケイスポーツ - 2007/4/11 8:01

 (セ・リーグ、横浜7−4ヤクルト、1回戦、横浜1勝、10日、横浜)ハマの夜空に、豪快なアーチがかかった。村田が、1点ビハインドの五回一死一、二塁で左翼スタンド最上段の看板を直撃する今季2号逆転3ラン。通算100号となるメモリアル弾だ。

 「(100本の中で)3本の指に入る本塁打でした。いずれ(出る)とは思ってたけど、これは通過点。200、300と続けていきたい」

 主砲に一発が出れば、東福岡高(福岡)の4年後輩、吉村も黙っていない。直後の一死一塁からこの日2発目の本塁打を右翼席に放り込んだ。

 「(本拠地の)横浜はやっぱり気分が乗ります。ボクから村田さんへの祝砲ってことで」と吉村。先輩の村田は「アベックで打つと勝率いいって、自分たちで勝手に決めています」と笑う。昨季、2人のアベック弾が出た試合では7勝2敗。今季も幸先よく、白星発進だ。大矢監督も「初めて理想的な点の取り方ができたね。効果的だったよ」と目を細めた。

 「まだ連勝がないんでここからいきたい」と吉村。開幕以来続く●〇●〇…を、若きハマの2人の大砲が〇〇〇…に変えていく。
posted by まつさか at 09:19| セ・リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西部球団にぜひ読ませたい・・・

asahi.comの記事だが、こんな部分がある。

・奮闘努力せよ。負けても、負け惜しみをいうな。

・競技は公明正大に。卑怯なことをするな。

・プレーを楽しめ。自分より優れた相手を敵視するのではなく、師とせよ。

・練習は学業の暇にせよ。練習はさっさと始め、終わったら速やかに去れ。

・審判には服従せよ。人は神に非ず。ときに判定に誤ることもあるが、異議を唱えず、冷静さを保て。・・・

公明正大。卑劣なことをするな。

まさに今の球界に必要な言葉ではないだろうか。

関連記事

日本野球の父たち
2007年04月10日 asahi.com

 明るい球音が響くシーズンになると、私はいつも思い出す。アメリカは北東の端、メーン州ゴーラム村のウィルソン農場だ。素朴、勤勉、誠実、明朗…。人々の暮らしは、いまも昔と変わっていないのではないか。

 日本野球の父、ホーレス・ウィルソンはその酪農一家の次男だった。南北戦争のあと、日本政府の外国人教師の募集に応じて、明治4年8月に日本にやってくる。28歳だった。

 教えたのは主に数学と英語。いまでは東大になっている学校は、当時は南校と呼ばれていたが、やがて第一大学区第一番中学、開成学校、東京開成学校などと名前を変える。

 外国人教師たちは、日本人学生のまじめさや礼儀正しさに驚きながらも、戸外での運動の不足からくる不健康な生活を心配した。明治5年、ウィルソンは生徒たちを外に引き出す方法として、彼が南北戦争中におぼえていたベースボールを教え始める。

 「この人(ウィルソンのこと)、常に球技を好み、体操場に出てはバットをもちて球を打ち、余輩にそれを取らせて無上の喜びとせしが…」とは当時の学生だった人(「好球生」)の述懐である。

 このあと、ベースボールはこの学校の「校技」として発展。「野球」の訳語を得て、さらに日本独自の高い精神性のスポーツとして日本全国に普及しているのはご存じのとおり。

 しかし、ホーレス・ウィルソン先生のみが「日本野球の父」だったのかというと、そうではない。実は明治8年、ここにもう一人、ストレンジという教師がイギリスからやって来る。英国デボンシャー州出身で、20歳になったばかりの元気者だった。

 彼もスポーツに万能だったが、特に得意だったのがボートとクリケット。ウィルソンの影響で、ベースボールも楽しんでいる。

 しかし、ストレンジ先生の功績をいうなら、スポーツの技術よりもスポーツマンシップを学生たちに伝えたことだろう。その教えの中心を、いくつか取り上げてみよう。

・奮闘努力せよ。負けても、負け惜しみをいうな。

・競技は公明正大に。卑怯なことをするな。

・プレーを楽しめ。自分より優れた相手を敵視するのではなく、師とせよ。

・練習は学業の暇にせよ。練習はさっさと始め、終わったら速やかに去れ。

・審判には服従せよ。人は神に非ず。ときに判定に誤ることもあるが、異議を唱えず、冷静さを保て。・・・

 ウィルソン先生だけでは、日本野球はいまのようにはならなかった。ストレンジ先生がいてこその話だった。この二人が遠くから来られて、同時に同じ学校にいてくれたことが幸いだった。また、その教えを学び、次代に伝える人がこちらに常にいたこともよかった。

 プロを中心としたアメリカ野球とは違って、学生スポーツとして発展してきた日本野球。これはまさに世界遺産ものではないか。
posted by まつさか at 09:13| その他の野球情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西武処分の行方

西武処分の方針がおおむね決まったようである。
2005年に締結した、「倫理宣言」をベースに話が進むようだ。

この宣言以降の金銭授受については厳しく処分していく方針だという。

早く決着をつけて試合に集中したい。


関連記事

「倫理宣言」以後なら処分 裏金問題で日本野球連盟 '07/4/10

中国新聞

 プロ野球西武がアマ野球関係者に金銭供与していた問題で、社会人野球を統括する日本野球連盟の鈴木義信副会長は10日、供与を受けた選手や指導者が判明した場合、日本プロ野球組織(NPB)がアマ側への利益供与を禁じた2005年の「倫理行動宣言」以後のケースについては処分する方針を明らかにした。ただし、同宣言以前の場合でも悪質と判断されれば処分の対象になる。

 同連盟は加盟チームに対して「倫理行動宣言」以後にプロ側と金銭などの授受があったかどうかを調査している。鈴木副会長は「違反は今のところない。処分の狙いは不適切な金品の授受をなくし、社会人の倫理観を確認することだ。宣言以前の不正を追及することではない」と説明した。

 西武の裏金問題では、日本学生野球協会が当該アマ関係者の氏名の公表を求める可能性を示唆しているが、同副会長は「日本野球連盟が公表を求めるような動きはない」と話した。

posted by まつさか at 09:09| その他の野球情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東都大学野球の春季リーグが開幕、駒大と国学大が先勝

昨日、神宮球場で、東都大学野球リーグの試合が行われた。

結果は以下の通り。

駒 大3―2亜 大

国学大5―3専 大

駒大 国学院が、勝利をおさめた。

本日は

専大対国学大
駒沢大対亜細亜大

が神宮で、

日大対立正大
東農大対大正大

が神宮第二球場で行われる。

関連記事

東都大学野球の春季リーグが開幕、駒大と国学大が先勝
 東都大学野球(10日・神宮)――春季リーグが開幕し、駒大と国学大が先勝した。

 駒大は九回、森山(4年・駒大)の適時打で連覇を目指す亜大にサヨナラ勝ち。

 国学大は先発・村松(1年・光星学院)が最速153キロの直球を武器に7回途中まで1点に抑える好投で、9季ぶりに1部復帰した専大に快勝した。

 駒 大3―2亜 大

 国学大5―3専 大

(2007年4月10日20時14分 読売新聞)
posted by まつさか at 09:05| 試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。