2007年04月12日

松坂今日は勝てず

期待のイチロー対松坂は、4打席無安打で松坂に軍配が上がった。

しかし、肝心の試合には負けてしまった。
しかも松坂投球中に3失点。

イチローとの対戦に注意を向けすぎてしまったのだろうか。
そして本拠地での勝利は次回におあずけとなった。
地元ファンの前での勝利を早く勝ち取ってほしいものである。

PR:山本梓カード

関連記事

松坂、イチローに完勝も本拠地黒星デビュー
4月12日10時51分配信 スポーツナビ


 レッドソックスの松坂大輔投手は11日(日本時間12日)、本拠地フェンウェイ・パークでのマリナーズ戦に先発したが、7回を投げ、8安打3失点で初の負け投手となった。しかし、注目されたイチロー外野手とのメジャー初対決では4打数無安打に封じた。

 メジャー2回目の先発にして本拠地初登場となった松坂は、「1番・センター」で登場したイチローをストレートでピッチャーゴロに打ち取るなど無難な立ち上がり。しかし、2回に城島の二塁打などでチャンスをつくられると、ベタンコートの犠牲フライで先制を許した。松坂は5回にも、イチローを打ち取った後に連打を許し、2点を献上。結局、前回と同じ7回を投げ、被安打8、3失点、4奪三振の内容だった。これで今季は1勝1敗。イチローとの対戦は、第2打席以降も、センターフライ、空振り三振、セカンドゴロと完璧に封じた。

 「7番・キャッチャー」の城島健司は、松坂から2本の二塁打を放つなど、3打数2安打1四球だった。

 試合は、松坂と投げ合ったマリナーズ先発のヘルナンデスが好投。レッドソックスの打線を、7回まで無安打に封じた。8回先頭のドリューに初ヒットを許したが、被安打はこれだけ。3−0の見事な完封勝利で、前日大敗の雪辱を果たした。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070412-00000004-spnavi-base


posted by まつさか at 13:16| 試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あと数分で試合開始!

待っていた時がついにやってきましたね。
イチロー松坂の対決!

どうなるんだろう。
早く始らないかな。

それにしてもテレビ放送はNHK。

こりゃ、大臣に文句言われても仕方ないか・・・

関連記事

松坂vs.ヘルナンデスの奪三振対決にも注目
4月11日18時54分配信 スポーツナビ


 米大リーグで11日(現地時間)に行われるレッドソックスvs.マリナーズ戦では、松坂大輔投手とイチロー外野手の夢の対決が実現する。2人の日本人メジャーリーガーに注目が集まる中、一方で松坂の対戦投手に対しても多くのファンの視線が集まりそうだ。

 マリナーズの先発予定は21歳の怪物「キング・フェリックス」ことフェリックス・ヘルナンデス。リーグ屈指の逸材と称されるヘルナンデスは、メジャー3年目を迎えた今季、さらなる成長を期待されている。マリナーズ公式ホームページは現在、「今季ヘルナンデスが奪う三振数」を予想するファン投票を実施している。日本時間11日18時現在、約8000人の投票の中、「201〜250奪三振」が最多の43パーセントを占め、ヘルナンデスへの期待の大きさを示している。

 ヘルナンデスは今季開幕戦に登板し、8回を投げて無失点、12奪三振と快調な滑り出し。一方、松坂は5日(現地時間)のロイヤルズ戦で7回を投げ、1失点10奪三振と衝撃デビューを果たし、メジャー初勝利を手にした。松坂とヘルナンデスの両投手は、ともに150キロを超える速球と鋭く落ちるチェンジアップを得意とした本格右腕。イチローとの対戦に加え、ヘルナンデスとの「奪三振対決」も注目したい

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070411-00000023-spnavi-base
posted by まつさか at 07:54| メジャー・リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。