2007年04月09日

恩師が言う対イチロー攻略法

松坂のメジャー入り記念碑が横浜高校に完成した。

この記念碑には松坂の投球フォームが描かれている。

横浜高校にとっても松坂は「現存する偉人」になったようだ。

同校の小倉部長は対イチロー攻略法を伝授した模様。
使うかどうかは松坂次第だが。

関連記事

松坂恩師がイチロー攻略法「カットボール使え」

 レッドソックス・松坂大輔投手(26)のメジャー入りをたたえた記念碑が8日、母校の横浜高で完成。横浜市内の同校グラウンドでは、恩師の渡辺元智監督、小倉清一郎部長(ともに62)らが出席し、除幕式が行われた。

 記念碑には横浜高、西武、レッドソックスと進化する松坂の投球シーンが描かれている。渡辺監督の「今日の松坂があるのは、裏で支えてくれた人たちのおかげ」との発案で、グラウンドの水まきや体のケアを手伝ってくれた裏方さんの名も刻まれた。遠征バスの運転手を務める近藤隆哉さん(65)は「大輔の顔を思い出すと言葉になりません」と瞳を潤ませた。

 渡辺監督は「信念」、小倉部長は「初心」との言葉を刻んだ。小倉部長には初勝利後、松坂から電話があったが「三塁側に体が流れるのが早い」と厳しい助言を送った模様。11日のマリナーズ戦に向けては、「イチローには外からのカットボールが効果的」と天才斬りに期待していた。

4月9日 スポーツ報知
posted by まつさか at 18:07| メジャー・リーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。